重要なお知らせエリアを非表示

スペシャルティコーヒー豆を注文焙煎でお届け 焙煎幸房“そら”BASE店

ウガンダ アフリカンムーン ジャッカル 200g ナチュラル フルシティロースト(中深煎り)/ハイロースト(中浅煎り)

¥1,480

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「coffee-sora.shop」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「coffee-sora.shop」を許可するように設定してください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 ¥1,200
    • 東北

      • 青森県 ¥900
      • 岩手県 ¥900
      • 宮城県 ¥800
      • 秋田県 ¥900
      • 山形県 ¥800
      • 福島県 ¥800
    • 関東

      • 茨城県 ¥750
      • 栃木県 ¥750
      • 群馬県 ¥750
      • 埼玉県 ¥750
      • 千葉県 ¥750
      • 東京都 ¥750
      • 神奈川県 ¥750
      • 山梨県 ¥750
    • 信越

      • 新潟県 ¥750
      • 長野県 ¥750
    • 北陸

      • 富山県 ¥750
      • 石川県 ¥750
      • 福井県 ¥750
    • 東海

      • 岐阜県 ¥750
      • 静岡県 ¥750
      • 愛知県 ¥750
      • 三重県 ¥750
    • 近畿

      • 滋賀県 ¥750
      • 京都府 ¥750
      • 大阪府 ¥750
      • 兵庫県 ¥750
      • 奈良県 ¥750
      • 和歌山県 ¥750
    • 中国

      • 鳥取県 ¥750
      • 島根県 ¥750
      • 岡山県 ¥750
      • 広島県 ¥750
      • 山口県 ¥750
    • 四国

      • 徳島県 ¥800
      • 香川県 ¥800
      • 愛媛県 ¥800
      • 高知県 ¥800
    • 九州

      • 福岡県 ¥900
      • 佐賀県 ¥900
      • 長崎県 ¥900
      • 熊本県 ¥900
      • 大分県 ¥900
      • 宮崎県 ¥900
      • 鹿児島県 ¥900
    • 沖縄

      • 沖縄県 ¥1,200
  • 宅急便コンパクト(日時指定の場合)

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 ¥900
    • 東北

      • 青森県 ¥650
      • 岩手県 ¥650
      • 宮城県 ¥580
      • 秋田県 ¥650
      • 山形県 ¥580
      • 福島県 ¥580
    • 関東

      • 茨城県 ¥540
      • 栃木県 ¥540
      • 群馬県 ¥540
      • 埼玉県 ¥540
      • 千葉県 ¥540
      • 東京都 ¥540
      • 神奈川県 ¥540
      • 山梨県 ¥540
    • 信越

      • 新潟県 ¥540
      • 長野県 ¥540
    • 北陸

      • 富山県 ¥540
      • 石川県 ¥540
      • 福井県 ¥540
    • 東海

      • 岐阜県 ¥540
      • 静岡県 ¥540
      • 愛知県 ¥540
      • 三重県 ¥540
    • 近畿

      • 滋賀県 ¥540
      • 京都府 ¥540
      • 大阪府 ¥540
      • 兵庫県 ¥540
      • 奈良県 ¥540
      • 和歌山県 ¥540
    • 中国

      • 鳥取県 ¥580
      • 島根県 ¥580
      • 岡山県 ¥580
      • 広島県 ¥580
      • 山口県 ¥580
    • 四国

      • 徳島県 ¥580
      • 香川県 ¥580
      • 愛媛県 ¥580
      • 高知県 ¥580
    • 九州

      • 福岡県 ¥650
      • 佐賀県 ¥650
      • 長崎県 ¥650
      • 熊本県 ¥650
      • 大分県 ¥650
      • 宮崎県 ¥650
      • 鹿児島県 ¥650
    • 沖縄

      • 沖縄県 ¥900
  • ネコポス(2袋400gまで)

    全国一律 ¥298

※¥6,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

特徴(フルシティロースト)

苦味と酸味の調和、豊かな風味、クリーミー、メープルシロップ
苦味 ★★★☆☆ 
酸味 ★★★☆☆ 
甘み ★★★★☆ 
コク ★★★★★ 
香り ★★★★★

AGE of NOVO STORY

生産者情報

遠く離れた地、アフリカ ウガンダからも、
信頼関係の証として、「とっておきのもの」を
これから毎年送ってくれる。

「私たちの為だけのマイクロロット」として。

今回、産地 ウガンダの情報を提供してくれたのは、
現地まで足を運ばれ、こちらのロットの名前の由来にもなられた、
弊社生豆のパートナー、ボルカフェ社の小川さん。

「ルウェンゾリのナチュラルは、ロットによってフレーバーに違いがあるのですが、今年からNOVOオーナーさん専用にご用意させていただくことになったこちらのロットは、他のロットに比べ、しっかりとしたフレーバーで、ワイルドな風味になっています」と、小川さん。

その優れた特別なロットについて、まずは小川さんに産地ウガンダの話を聞くことに。


ここからは少しの間、小川さんによる産地のご説明をお届けいたします。

アフリカンムーンは、ウガンダ西部にあるルウェンゾリの麓で、標高が高く、肥沃な土壌と豊富な降雨量で、アラビカコーヒーの栽培条件としては完璧な環境で育てられたものと言えます。

今回のアフリカ訪問では、幾つかの農園などを回ってきましたが、その中でこちらのロットは、Kisinga Coffee Station(キシンガ コーヒーステーション:以下 キシンガ)というところで精製されたものです。

キシンガは、KCL(KYAGALANYI COFFEE LTD:チャガラニ社 [ウガンダに拠点を置くISO、RA、UTZ認定等を受けているボルカフェグループ会社]:以下KCL)による「モデルファーム」で栽培されたコーヒー豆等を、2016年から精製している工場です。

モデルファームというのは、KCLが地域のグループと長期的な関係を築くことを目指し、意欲的な農家をモデルファームとして、栽培指導や管理をしている農場のことで、同地域の他の農家にとってお手本にもなる農園のことです。



ちなみにこちらがモデルファームの木で、

こちらが、他のコーヒー農家のコーヒーの木です。

他の農家ではカットバック(剪定)はされておらず、実の成り方もまばらで、赤い実もあまり見られない状態です。

ルウェンゾリの農家では、沢山の実をつける為にカットバックをするという意識が無く、逆に「切ったら育たない、それは死んだ茎にするもの」というイメージを強く持っておられたりもします。

さらに、まだ熟していない実まで収穫し、乾燥しているのがこの画像です。道端に直接並べたり、薄いシートを引いて、天日乾燥されています。

これらの豆は「Drugar(ドゥルーガー)」と呼ばれる低グレード品となります。それらも集買業者が買い取ってはいますが、KCLではこういった低グレード品の生産そのものを減らし、全体的に品質と生産量を底上げし、農家の収入を増やし、生活を支える役目も担っています。

具体的な差で言いますと、モデルファームでは一本の木から平均3kg程のチェリーが収穫できていますが、そうでない農家のところでは、平均1.2kg程度しか収穫できていません。つまり、モデルファームと、そうでない農家とでは、コーヒー栽培による収入差は2倍超となります。

ちなみに、こちらの写真に写っている子供たちは、このモデルファームの子供たちなので、他の農家の子に比べれば比較的裕福なはずなのですが、それでもまだちょっとお腹が出てるように見えます。

モデルファームでは、ウガンダの未来を担う子供たちの成長にも貢献していきたい考えで、しっかりと指導し、取り組んでいます。


工場の敷地に入ると熟したコーヒーチェリーの香りがあたり一面に漂っています。

工場内では作業場所毎に、ヘルメット等の着用を促すペイントがあったり、安全にも配慮した管理が施されています。
何気ないことですが、安全が第一ですね。

こちらはKCLによる農園訪問の様子です。栽培指導も収穫の手伝い等もしています。
(足元で休憩している人の体勢がすごい)

キシンガでは、ナチュラル、ウォッシュ、どちらも精製していて、特に11月~1月にかけては設備がフル稼働しています。もう一つミルの建設の検討が上がっているほどの勢いです。

24時間乾燥テーブルで乾燥した後、乾燥機を使用して3~4日乾燥しています。乾燥機も使用していますが、その設定温度は30℃~40℃の低い温度に設定していて品質にもしっかり配慮しています。

そして、キシンガ付近にある Buying Station(バイイング ステーション)は、標高が高く(1500m程)、風通しも良い立地で、屋根つきのアフリカンベッドにチェリーを積み、出荷できる量にまとめて、工場に運び込んでいます。

そこには買い付け基準となる完熟度合いを見る為のチェリーの写真や、栽培方法の手順を掲載したカレンダーも置いてあります。

ウガンダのコーヒーは、品質は優れていますが、他国のコーヒーと比較すると価格はまだ低く、良い品質のものを良い価格で産出している国です。

日本だけでなく、諸外国からの引き合いも強く、ウガンダは今後スペシャルティコーヒーのフィールドでも登場する機会は増えていく見込みですので、ルウェンゾリはこの先も目が離せない産地となりそうです。

[グレード] ルウェンゾリ山地産 ナチュラル マイクロロット
[生産地] ウガンダ西部ルウェンゾリ山東麓、カセセ市近郊 キシンガ
[精製工場] キシンガコーヒーステーション
[標高] 1200~2200m
[精製方法] 手摘み、水槽でチェリーを選別、上床乾燥/乾燥機乾燥
[品種] ニアサランド、ブギス(1920年頃から)、SL28/34/14(1960年頃より)
[収穫期] 8月から12月
[カップ品質] ダークフルーツ、クリーミー、シロップ

Related Items関連商品
  • エチオピア ゲイシャ ゲシャ村 チャカ 200g ハイロースト(中浅煎り) ナチュラル
    ¥2,980
  • インド ポアブス農園 ビオダイナミック セブンスヘブン 200g フルシティロースト (中深煎り) ナチュラル
    ¥1,480
  • ブラジル アマレロブルボン グランハ・サン・フランシスコ農園 200g シティロースト(中煎り) パルプドナチュラル
    ¥1,480

商品の評価